マラソンと健康

世の中、食や医療・環境問題など困ったこと(色んな毒)がたくさんありますね。インターネットだと無限に情報が入ります。無視はでません。

 

けど色々あり過ぎて健康でい続けることは難しい。。。

 

いままで医療で言えば出された薬は飲むし、食べるものは近くのスーパーでメインの食材買って菓子も食べる。

 

何でわたしはいままで特に重い病気(精神的にも)にならずに来れたのか。。。考えてみました。

 

たぶん運動で大汗かくことによって排毒できていたのかもしれません。

 

最近で言えばマラソン大会(42.195km)をメインに走っていました。

当然大会に備えて練習でも20~30kmは週1~2回は走ってました。

走れば寒くても大汗かくし、一回で1~1.5リットルは平気で飲みます。

若い時は飲む種類は考えないし(コーラ当たり前)大会が終わればカップラーメンに菓子パンガツガツ、マック最高!今考えるとよく病気にならなかったなと思います(笑

 

マラソンやっている方たちって驚くほど若く見えます。過剰に言うのでなく。

別な言い方をすれば、走れる方は若く見えたってことにもなりますが。10歳は若く見えました。

 

自分の人生で体調が悪かったと思えたのが20代後半から30代後半の10年。

喫煙していたし、一日2本缶コーヒーを飲んでいました。当然尿管結石になって騒ぎながら入院しましたw

 

人間の心臓は生涯十数億回しか動かないそうですが、マラソンやり過ぎて心臓が止まったと、はっきりしたことは聞いたことがありません。実業団で走っている選手は想像以上に心臓を使っていると思いますが、みなさん早く亡くなってはいません。まー、いたら速攻で辞めているでしょう(笑

 

世の中完全に毒を排除することは難しいですから、人それぞれ排毒する方法を身に付けていると便利ですね。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7