運動をしましょう

えー、まるで運動の話しが無い感じですので少し。

うちに来て頂いている患者さん達は、ほとんど運動をしません。この話しを聞くといつも驚きます。わたしは運動をしない人生をしたことがないので(笑

施術の効果を上げるためにも軽い運動を薦めています。70歳前後でも有効な運動です。
汗をかくくらい運動ができれば、色んな体に入った毒を出すことができます。

家族に「だんだん運動できなくなるからな~」とポロッというと不思議な顔をされました。
運動の効果という意味ですけどね。
もちろん現在散歩していれば70歳なっても散歩している自信はあります。
...
運動はしないよりした方が良いのですが、例えば良い汗をかくとか痩せたいとか運動効果を期待するのであれば理屈を考えた方が良いです。

同じような散歩を、40歳でするのと60歳でするのとは効果が違います。
「いつも散歩しているのに痩せないな~」って悩む方は運動負荷が足りないのです。

運動負荷を上げる方法として例えば、距離を長くする、スピードを速くする、重りを持つなど。
一番わかりやすいのは心拍計を付けて、心拍数でコントロールする

これより詳しいことは言えませんが、トレーニング効果を上げるには「強すぎ」ても「弱すぎ」ても良い結果は得られません。ここらへんはいくらネットで調べてもわからない、経験がものをいう世界ですね。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7