運動で強くなるとき

運動はした時には強くなりません。

運動はした後休むことで筋肉が超回復して、運動する前より強くなります。

たとえば「休まないで毎日運動しています」という話しを聞くと、「何のために運動しているのだろ?」と思われちゃったりしますw

こういうことを考えても、運動とはたいしてしなくても効果を上げられることになります。

話しは飛躍するかもしれませんが、マラソンの日本代表レベルの練習量は20年前に比べたら減っています。彼らは練習量を増やすのが目的ではなく、42.195kmをいかに速く走るかだけ考えた結果です。

... そろそろ世界陸上が始まりますが、運動している場合じゃないとか、私たちにはレベルが高すぎて同じことできないとか思いますよね
世界・日本の代表選手ってある意味実験材料(言い方悪い)で、どうしたら人間・日本人が速く・強くなるか考えられている結果なんですよね。そのフィードバックを得られているのが人間すべての健康のためなんです(高齢者を含め)ドーピングは違反ですw

まー、運動レベルが上がればイシバさんの元頑張れる方は出てくるかと(自粛

細かい運動の調整はありますが、大まかに言って例えば散歩+ストレッチ+補強運動+ストレッチ+休養という組み合わせになります

散歩というのはある程度の運動になりますが、関節などの可動範囲が狭く、部分的に鍛えたいところまで利かすことができません。ということで補強運動を取り入れます。それぞれの運動の合間は疲れをなるべく早く疲労を回復させるためにストレッチなどを行います

そういう感じで運動していると、一週間3回のトレーニングで済んでしまいます。
少ないですね。もっとやらねば。。。なーんて思う人はプレッシャーと疲労で「やーめた」とか変な錠剤を飲むことになります。

やり過ぎは健康ではないです。早い安い美味いと一緒。地道な継続が変われる自分になります。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7