外人なんてへなちょこだ♪

『フラミンゴ伝説』

若井伸之は千葉県八千代市出身。最初のレース活動は「菅生」
(SUGO選手権/ノービス)でスタートを切った。1989年に国際A
級へ昇格。翌年、1990年は全日本125ccでランキング2位を獲得。
坂田和人の「1発の速さ」は目立ったものの、若井伸之の活躍は
ノーマークだった。しかし、翌91年から世界GP125ccへFULL参戦
を果たす。坂田和人、若井伸之、そして鈴鹿WGP125にワイルド
カードでスポット参戦した上田昇が初優勝!

当時はこの3人のことを『日本人3羽烏』と総称した。上田昇は、
鈴鹿WGPを勝利した勢いで、急遽、WGPのFULL参戦を決めた。
上田昇(NOBBY)の強さは一体、何??って感じだったが、ブリ
ジストンタイヤとホンダの(Aキット車)強力な後押しがあった。
若井伸之は「モトバムレーシング」という名門チームの所属だっ
た為、やはり「Aキット車」である事には間違いなかった。
長身の為、125ccのマシンからはみ出しそうなライディングスタ
イルが後に「フラミンゴ」という愛称で皆から親しまれる。
また、坂田和人の「外人なんてへなちょこだ♪」発言に象徴され
る様に『日本人3羽烏』がGP125の表彰台を「圧巻」した。
1993年は若井伸之がスペイン・へレスサーキットで没した年で
はあったが、数々の名ドラマや「奇跡」が起きた。親友の原田哲
也が93年よりヤマハ「TZ-M250」で世界GPにFULL参戦を開始。
開幕戦(豪州)ではスズキ「RGV-γ250」を駆るジョン・コシンス
キーをゴール寸前で原田哲也が破っていきなり初優勝!
同年、若井伸之はプライベイト参戦ながら92年ドイツGPで「RG
V-γ250」を駆りスポット参戦7位の「戦績」が認められ、スズキ
からワークスマシン「RGV-γ250」を貸与された。

 

坂井和人氏はWGP125ccで2回世界チャンピオンになりました。

http://www.youtube.com/watch?v=Hqah2niEaxs

昔のなので画像悪しw

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)