糖・ケトン体

ケトン体とは
脂肪が身体の中で分解されてできるものです

難病の小児てんかんでは

ケトン食療法として

発作を抑えるということがわかっています。

ケトン食療法は
糖質制限食以上の総摂取カロリーの75~80%が脂質という
超高脂肪食です。

ケトン体がブドウ糖に代わるエネルギー源として利用されることに、
その名前が由来しているそうです

脳をはじめとする(赤血球以外)
人体のほとんどのエネルギー源としてケトン体が利用されます。

脳の唯一のエネルギーは「糖」というのは
事実ではありません

ケトン体と糖の両方が使えるのです

一般的な食事をしている場合

糖質摂取後3~4時間までは
心筋・骨格筋の主たるエネルギー源はブドウ糖

それ以降は(次に糖質摂取をするまで)
心筋・骨格筋・脳などのエネルギー源は
<脂肪酸-ケトン体>に切り替わっていきます。

睡眠時とか、
日中でも空腹時は、心筋・骨格筋の主たるエネルギー源は
実は、糖ではなく<脂肪酸-ケトン体>になっているということです

完璧に糖質制限食を
実践すると・・・

常に脂肪がケトン体としてどんどん使われることになります

身体は脂肪によって、正常に動くのです

また、糖質制限食に切り替えると
尿中のケトン体の値が増えるそうで・・・

それは、心筋・骨格筋で利用しきれなかった分が
尿から排泄されるようです

体臭が変わったりするらしいですが

(私はゆるゆる糖質制限なのでわかりませんでした)
3ヶ月ぐらい経つと、
心筋や骨格筋や体細胞のケトン体利用効率がよくなり
腎臓の再吸収も高まるので、尿中ケトン体は陰性になるそうです

糖質制限食を実践すると・・・
マラソンのスタート時から
「脂肪」が使われるので

乳酸を溜め込むことなく走れます

途中で食べ物を補給しなくても
体内に蓄積している
大量の脂肪が使えるので
スタミナも切れません

最後のラストスパート時に
筋肉のグリコーゲンをしっかり使えます

戦国時代

食べることもままならぬ中

戦えたのは「脂肪」のおかげということですよね~

長期戦には
脂肪がおすすめのエネルギーです

 

http://ameblo.jp/odoruirukamama/entry-11469491490.html

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)