多剤療法

基本的に、一旦精神薬を飲んでしまうともう元には戻らない。精神薬というのはすべて覚醒剤や麻薬と変わらない物質で、依存性は強力で世の精神科医がいっていることはすべて嘘っぱち、特に抗うつ薬の依存性がないなどというのは、素晴らしい嘘っぱちである。パキシルがいちばん有名だが、ルボックス、サインバルタ、アモキサン、アナフラニール、リフレックス、結局大差ない。全部飲んだことがある人の相談を受けたこともあるが、その人はパキシルが大丈夫で他がダメだったという。人それぞれであるのも当然ではあろう。

私は個人的に、禁断症状を大体一カ月で区切っている。より強力な覚醒剤でもそう長くは続かないが、漠然たる依存感は当然ながら永遠に続く。また1.5割程度は一か月以上、後遺症的な症状が残ると概算している。なぜメジャー数種を含む非常に多量の薬剤を飲みながら、大きな離脱症状や後遺症もなく抜けてしまえる人がいるのか?逆に単剤でベンゾ系を飲んだだけで、決して抜ききれないほどいろいろ禁断症状の出る人がいるのか?科学的にはいまだ未解明である。

自分の中では禁断症状や後遺症がでる人たちには一定の法則があるが、印象論なので証明できない。ただ例えば強迫性が顕著な人は、脳のホルモン動態がどこかで「そう」なっているし、その何かと薬物が結びつくから法則が出やすいのだろうと推測するが、やはり未解明。基本的に飲む前から他罰的で物質に頼ろうとする人はだいたい抜けず、自罰的な人の方がやはり抜きやすい。これは多剤療法などでも同じで、自罰的でペシミスティックな人は、薬を飲まずに相談相手がいればなかなか自傷したり自殺したりさえしない。

https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/434141830002909

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7