白内障

白内障は生まれた時からなっているなんて医者がいるみたいですね。

わたしは眼科ではありませんが、下の引用した文章をみただけで食生活や薬の問題が関係してあるのは容易に想像できます。
赤ちゃんの影響はほとんど親の責任です。お腹に赤ちゃんがいた時に、親の栄養状態や生活習慣で悪いものから守ることができます。

 

医者は目の前の症状を説明するでしょう。「だからしょうがないんだ」と思う患者側に問題があるんでしょうね。

■若年性白内障の原因■

目のけがや網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術などの目の手術、ブドウ膜炎など目の病気糖尿病アトピー性皮膚炎などの全身病、栄養失調などで白内障が併発することがありますが、原因の特定は必ずしも容易ではありません。

その他にも遺伝放射線や赤外線照射、副腎皮質ホルモン・ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用などでも進行しやすい傾向があります。

また若い頃眼球を打撲していた場合でも、「打撲白内障」が忘れた頃に出てくることもあります。若い頃には何もなかった目でも、その時の悪影響が後々になって忘れた頃に出てくるということです。

アトピー性皮膚炎があって白内障を生じる患者では網膜剥離が生じる確率が普通よりも高いです。
まぶたや目のかゆみのために、眼部を擦ったりたたいたりするために両者を併発しやすいとか、元々眼内に炎症が生じやすくて両者を合併しやすいと考えられています。

 

http://www002.upp.so-net.ne.jp/abile/hakunai/3.html

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)