糖質の減らし方

●糖質の減らし方

間食をやめる方法を考えるより「間食の質」を変える。

 

「間食がやめられない」からどうにか「間食をやめる方法」を考えたり、探したりしている人は多いかと思います。

ストレスが溜まったり、激務の仕事で疲れ果てたときなどに、どうしてもチョコレートなどの「甘いもの」が食べたくなりますよね。

でもやはりこういったものは一時的には気持ちをリラックスさせてくれますが、長期的に考えると体にいいとはいえません。

食べている本人たちもそれはなんとなくわかっているわけで、だから「間食をやめる方法」はなにかないかといろいろと考え悩んでいるのだと思います。

糖質制限的に考えてみると、「間食の質」を変えたほうがいいのではないかと思います。


やっぱり「糖質」のとりすぎがよくない
間食をやめたいと思うのは、健康によくないと考えるのはもちろん、その習慣が太る原因になると考えるからでしょう。

もちろん、間食も食べ過ぎてしまうのはよくないですが、糖質制限食では「おやつ」はOKとしています。

おやつを食べないことよりも、糖質を抑えることに重点を置いているわけです。だからおやつを選ぶときも「糖質の少ないもの」が基準になります。

間食はできるんです。糖質を多く含むものでなければ。

例えば、

・ナッツ系
・ゆで卵
・チーズ
・するめ

など。

ちょっと親父くさいものばかりですね。酒のつまみ的な。私はよくチーズやアーモンドを食べています。見栄え的には地味で味気ない感じですが、栄養的には、甘いものやせんべいを食べるよりもずっと健康的です。

あっ、せんべいも主原料は「お米」ですから糖質のかたまりです。

チーズもベビーチーズもありますし、6個入りの丸いパッケージに入ったものとかをよく食べます。さけるチーズやスモークチーズもおいしいですね。

ナッツ系もピーナッツやアーモンド、カシューナッツ、クルミなどいろいろあります。カシューナッツはナッツ類の中ではちょっと糖質高めなので控えめに。

クルミは、現代人に特に不足しているといわれる「αリノレン酸」が多く含まれているので、積極的に食べてます。

糖質制限をしている人々は、こういったおやつもおいしくいただきながら、健康的に減量に成功しています。

ということで、間食を無理にやめてストレスを溜め込むよりも、「間食の質」を変えて、糖質の少ないものを食べるようにしてみてはどうでしょうか。

糖質制限的な食べ物を販売しているシュップでおやつ的なものを購入するのもありかもです。

http://toushei.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7