高齢者の尻もち

高齢者の転倒対策は大変です。なんたって転倒するまで「余計なことするな!」「邪魔だ!」とか言われちゃうんですから(笑)

腰椎の骨折は思ったより動けなくなります。

脊椎の圧迫骨折(あっぱくこっせつ)

高齢者がドシンと尻もちをついて転倒すると、圧迫骨折を起こすことがあります。65歳以上の高齢者では、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が進んでいることが多いので、圧迫骨折もたいへん危険です。圧迫骨折では転倒の際に特に背中を強打するということで起こるのではなく、弱くなった関椎骨に体重が加わることでつぶれるように骨折するのです。

圧迫骨折が起こると、骨折部が安定して痛みが軽快するまでおおよそ半年はかかります。この期間は高齢者にとってたいへんな心身の負担になることは、容易に想像できるでしょう。長く立つことができなくなるため、料理をすることが困難になります。骨粗鬆症は高齢の女性に多く、したがって転倒による圧迫骨折も女性に多くなりますので、調理を含めたさまざまな家事に支障がでます。

http://srsc.jp/?p=1058

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)