運動

使わないと筋肉は落ちていく~

引用)
不安定な二足歩行に進化した私たち人類は負担のかかる足腰の痛みの問題を避けることはできません。足腰が痛くなると、体を動かすのが面倒になり、筋力が弱くなります。筋力が弱くなると、転倒するリスクが増えます。骨折すると、高齢者の場合は寝たきりにつながる可能性があります。

 前方への転倒は筋力の低下で、後方への転倒はバランス能力の低下によって起こるといわれます。80歳のバランス能力は成人の3割程度しかなく、転んで倒れるリスクが高まります。

 このリスクを軽減するには筋力強化とバランス訓練が重要です。

 筋肉は、持久力が強い赤筋(遅筋)と瞬発力が強い白筋(速筋)に分けられます。転倒予防には両方の筋肉の強化が必要です。疲れて転倒するのを防ぐには赤筋を鍛え、つまずいたときに踏ん張ったり、支えたりするには白筋を鍛えます。

 筋肉は適度に使えば発達し、使わなければ退化します。白筋は老化とともに萎縮しやすく、特に鍛える必要があります。継続して筋肉を強化し、転ばぬ先の“脚のつえ”にしましょう。(日本柔道整復師会 森川伸治)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131105/bdy13110508480000-n1.htm

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7