関節に水がたまる

関節とかに水がたまりやすい方っていますよね?その水をなめると甘いそうです。成分を見ると糖がありますが、糖質の過剰摂取も原因の一つでしょうね。余ったものがたまっていく。

 

わたしはここ数か月菓子類をやめていて気付いたのは、自分の突き指した指が長い間腫れたままだったのに、関節の腫れが引いてもとどおりになっていました。

 

膝に水がたまって痛くなって病院で抜いてもらい、ヒアルロン酸とか入れてもらう方がいます。原因が解決していないので何回も同じことを繰り返すことになります。

 

原因は糖質の過剰摂取の可能性はかなり高いですね。

関節に水がたまり安い方は、糖質を減らすのをお薦めします。

 

引用)

関節には、滑液と呼ばれる関節を保護する潤滑液が分泌されています。 滑液は、関節の動きを滑らかにし、関節軟骨に栄養を与えるなど、関節にはなくてはならない存在です。 

 滑液の成分は、ヒアルロン酸(酸性ムコ多糖類)、ブドウ糖、尿素、尿酸、電質質、蛋白質などが含まれております。 関節の栄養になる蛋白質の濃度は血清が約8g/dlに対して2g/dlと低く、特にグロブリンは少なくて、約70%がアルブミンです。また、フィブリンや凝固因子が含まれていないので体外に取り出しても固まらないという特徴を持っています。

 栄養になる蛋白質が血液より少ないこと、また、循環が悪いことなどの理由で関節軟骨の再生が行われないと言われてきました。 しかし、血管の豊富な骨や筋肉、皮膚などより時間はかかっても、再生する環境さえ作ってあげれば大丈夫です。

 

http://blog.livedoor.jp/pepsupportoffice/archives/184210.html

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7