タンパク質摂取不足と貧血

先住民食は伝統的な生活を営む先住民族の食生活を参考に、現代社会に生きる我々でも実践できるように考案した食事法です。先住民食は予防歯科のための食事法であり、また予防医学の実践のための食事法です。予防のために作られた食事法ですから、疾患の治療、すなわち代替療法としての食事療法と混同しないようにして下さい。

 

先住民食のコンセプトの一つに、タンパク質、脂質、糖質の摂取割合の目標があります。タンパク質、脂質、糖質はそれぞれカロリーベースで4:4:2になるように摂るべきと指導しています。この摂取比率になるために推奨している動物性食品と植物性食品の摂取割合は、動物7:植物3を推奨しています。

 

これは、狩猟、採集、漁労で生活している先住民族の、典型的な摂取比率から導き出されています。そして、動物性食品の摂取比率が下がるとタンパク質の摂取比率も下がり、タンパク質の摂取比率が下がって炭水化物の摂取比率が上がるにつれ、住民の健康状態が悪くなっていき、むし歯や歯周病の発症率が上がり、平均寿命が低下し、貧血が増えることが分かっています。

 

先住民族のみならず、古代マヤ文明やアナサジ遺跡などの考古学的な調査からも、同様の結果が得られています。すなわち動物性食品の摂取が低下すると、貧血が増加するのです。これは、鉄欠乏によって起こります。

 

鉄というミネラルそのものは、動物性食品にも植物性食品にも含まれています。しかし動物性食品の鉄はヘムというタンパクと結合したヘム鉄という形で存在しているのに対し、植物性食品に含まれる鉄はヘムタンパクと結合していない、非ヘム鉄という形で存在しています。ヘム鉄の吸収率は10~30%なのに対し、非ヘム鉄は2~5%ほどしか吸収できません。このため、動物性食品の摂取比率が低下するほど、貧血になる人が増えるのです。

 

動物性食品の中でも、特に血液や赤身の強い肉にはヘム鉄が多く含まれています。アフリカの先住民族であるマサイ族は、定期的に子牛の血を採り、それを飲んでいます。先住民族の健康的で優れた肉体には、ちゃんと理由があるのです。

 

先住民食が推奨しているヘム鉄の多い食品は、牛肉の赤身、レバーなどの内臓系、クジラの赤身肉、鹿肉などです。特に我が家では、狩猟期間中は鹿肉の割合が大きくなっています。反対に禁猟期間である夏場は、クジラの摂取割合が大きくなります。

 

貧血にヘム鉄のサプリメントというのは、最後の手段です。やはり普段の食生活で栄養欠乏にならないようにすることが、何よりも大切ですね。(さとうながお)

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7