腸内細菌

嫌気性の腸内細菌は空気に触れると死んでしまうため、なかなか研究が難しいらしいが、最近はその研究が進んできているようだ。DNAの高速解析を行うと死んでしまう嫌気性腸内細菌でも、その死骸から特徴や種類を分析できるようになってきたそうだ。

 

科学誌である『Science』によると、日本人の消化管内には、海藻の成分を分解できる腸内細菌が存在するが、欧米人の腸内にそんな菌はいないらしい。牛乳に関しても似たようなことが言えると思うが、これは身土不二の考え方を部分的に支持する結果になっている。本来あらゆる植物は生物毒をもっているため、そのまま食べると毒になるというものも多数あるのだが、それを無毒化するための工程の一つが発酵になる。そうやって町内で生きてきて受け継がれてきた腸内細菌は、当然ながら日本人と西欧人で違っている。

 

これを考えたときに、腸内細菌を移植するということには相当のリスクがあることを知るべきだろう。よくヨーグルトがよいとか、生きたまま腸に届くという表現で、健康に良いかのように謳っている多くの健康食品があるが、それは本当に健康にいいのか考えたほう...がいい。その生菌が生きたまま腸に届いていた歴史は過去にどこにもない。古代民族は生きたままの生菌だけを大量に摂取したりしない。しかもその生菌は胃酸で分解されないのだから、もともとある腸内細菌叢を思い切り壊すことになる。

 

善玉菌、悪玉菌というがその菌がなぜ善玉であり悪玉なのか?菌を考えようとする自然派のニンゲンに沿うならば、すべての菌には意味があり存在価値があるということになるはずだ。しかし自然派を名乗りながら実際のところ「いい菌」と思い込んでいるものを、せっせと摂取するわけだが本当に自然の摂理や歴史を振り返ってみて、それが体にいいわけではないのにそうする。自然派というのはどこまでも哂える人種だと言えよう♪。

 

それでいて人々は抗生物質ほど安易に内服する。抗生物質は細菌を殺すための薬剤であり猛毒だが、それが死んでしまうことになる。そしてその結果あらたな菌が定着することになるが、それは元々ある移行とは異なり、劇的に行われるのと同時に科学によって抽出された菌を入れ込むことが多い。そしてその菌(乳酸菌やビフィズス菌)が体にいいと思っているのだ。イヤ、これ以上何も言うまい♪。どうせグーミンに理解できるわけないのだから♪。 嫌気性の腸内細菌は空気に触れると死んでしまうため、なかなか研究が難しいらしいが、最近はその研究が進んできているようだ。DNAの高速解析を行うと死んでしまう嫌気性腸内細菌でも、その死骸から特徴や種類を分析できるようになってきたそうだ。 科学誌である『Science』によると、日本人の消化管内には、海藻の成分を分解できる腸内細菌が存在するが、欧米人の腸内にそんな菌はいないらしい。牛乳に関しても似たようなことが言えると思うが、これは身土不二の考え方を部分的に支持する結果になっている。本来あらゆる植物は生物毒をもっているため、そのまま食べると毒になるというものも多数あるのだが、それを無毒化するための工程の一つが発酵になる。そうやって町内で生きてきて受け継がれてきた腸内細菌は、当然ながら日本人と西欧人で違っている。 これを考えたときに、腸内細菌を移植するということには相当のリスクがあることを知るべきだろう。よくヨーグルトがよいとか、生きたまま腸に届くという表現で、健康に良いかのように謳っている多くの健康食品があるが、それは本当に健康にいいのか考えたほう...がいい。その生菌が生きたまま腸に届いていた歴史は過去にどこにもない。古代民族は生きたままの生菌だけを大量に摂取したりしない。しかもその生菌は胃酸で分解されないのだから、もともとある腸内細菌叢を思い切り壊すことになる。 善玉菌、悪玉菌というがその菌がなぜ善玉であり悪玉なのか?菌を考えようとする自然派のニンゲンに沿うならば、すべての菌には意味があり存在価値があるということになるはずだ。しかし自然派を名乗りながら実際のところ「いい菌」と思い込んでいるものを、せっせと摂取するわけだが本当に自然の摂理や歴史を振り返ってみて、それが体にいいわけではないのにそうする。自然派というのはどこまでも哂える人種だと言えよう♪。 それでいて人々は抗生物質ほど安易に内服する。抗生物質は細菌を殺すための薬剤であり猛毒だが、それが死んでしまうことになる。そしてその結果あらたな菌が定着することになるが、それは元々ある移行とは異なり、劇的に行われるのと同時に科学によって抽出された菌を入れ込むことが多い。そしてその菌(乳酸菌やビフィズス菌)が体にいいと思っているのだ。イヤ、これ以上何も言うまい♪。どうせグーミンに理解できるわけないのだから♪。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7