輸血で死ぬ

親がすい臓がんで亡くなった時、医者から天皇の話しをよく例にあげられた。
この「輸血で死ぬ」の内容を聞くと、同じ経過をたどっていた気がしてならない。輸血とか同意を求められるし、手術でも同じ。自分が無知で医者の言うなりという残念な結果だった。

 

●天皇もヒゲの殿下も輸血で急死

「天皇は輸血で殺された?」

衝撃の告発を行うのは医療批評家・徳永秀晃氏。

 

「昭和天皇が死のまぎわに、体内出血で連日連夜ニュースになったのは、しょっちゅう輸血していたからです。」

 

その天皇に、輸血による拒絶反応が襲いかかった…。

この症状を知る医者は少ない。それは輸血ショック症状。正式には「移植片対宿主反応」(GVHD)と呼ばれる。

 

ー輸血した血の中のリンパ球が増殖して、患者(宿主)のリンパ球や細網内皮系(免疫系細胞)を攻撃したときに起こる症状。発症すると100%助からない。

 

それだけではない。輸血するほど出血が止まらなくなる。恐怖の悪循環が患者に襲いかかる。天皇の末期症状は、下血につぐ下血だった…。

 

むろん医師団は、日本の象徴を輸血によって”殺そう”としたわけではない。

彼らは近代医学の粋を尽くして、天皇の生命を救おうと連夜奮闘したのだ。しかし、その輸血が、じつは天皇の直接の死因となったとすれば、なんとも皮肉としかいいようがない。

 

このように超先端医療が、じつは超最悪の悲劇を引き起こす。そんなケースは抗ガン剤治療を例にあげるまでもなく、あまりに多い。こうなると悲劇というより喜劇である。

 

皇室の訃報でいえば、ヒゲの殿下こと寬仁親王の逝去が伝えられた。彼は奔放な言動が、逆に国民から愛された皇族の一人。若いころからガンに侵され、まさに満身創痍の状態での逝去であった。その最後は「やはり、輸血の連続で最後は患部からの出血で死んだ」(徳永氏)

(「病院で殺される」)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    西森 裕之 (木曜日, 27 7月 2017 00:16)

    徳永さんに連絡とりたいのですが?
    顔を知らないので、そちらに写っている方かも知りません 携帯メールにアクセスしましたが届いていないようです。
    是非、返信お願いします。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7