ミネラル

●ミネラル不足が根本原因だった(地球を救うより)

炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルを五大栄養素といいます。この中でミネラルだけは、他の栄養素のように体内で作り出すことができません。

 

私たちは、食べ物や水を通して、ミネラルを摂取しなければならないのです。問題はその食べ物にありました。

 

人も動物も、植物からミネラルをもらいます。植物は土壌からミネラルを吸収するのです。化学肥料と農薬によって破壊された土壌には、細かい岩石としてのミネラルは含まれていても、生物が使えるようなイオン化されたミネラルや有機ミネラルは、十分には含まれていないのです。

 

含まれていても五十年前の半分以下(おそらくはそのまた半分以下)であるといわれるほどですから、私たちの体は、絶対的なミネラル不足、特に微量元素不足になっているのです。

 

●ミネラルは自己治癒力を高める 

人体の生理作用に、明らかに必要な栄養素として、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの常量ミネラルと、鉄、亜鉛、コバルト、マンガンなどの微量元素と呼ばれるものの存在が知られています。 

 

ミネラルについては、科学的にまだ解明されていない部分が多くあり、漠然としたイメージで理解されていることが多いようですが、ミネラルの不足が人体に及ぼす影響の大きさは無視できません。

 

ほとんどの生活習慣病に「多種ミネラル」を活用すると、確かに大きな治療効果をあげることができるのは、歴然たる事実です。 

 

最近、ICPmsによって、非常にわずかの元素の質量も測定できるようになりました。微量元素の科学的な研究が可能になったのです。成果が期待されますが、ミネラルが現代病に関係していることに思いをおよぼさない多くの科学者たちは、その重要性に、まだ気づいていません。 

 

ミネラルを投入すると、ガン、糖尿病、アトピー性皮膚炎、脳梗塞の後遺症などの症状には、顕著な改善が見られます。もともとこれらの生活習慣病は、ミネラルの欠乏によって引き起こされたものですから、ミネラルを補給すれば、症状が改善されるのは、しごくとうぜんのことなのです。 

 

花粉症の治療に、「多種ミネラル」を併用すると、ほとんど回復します。

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7