ランニングエネルギー

ランニングのエネルギーは何を使うか?

はっきり1+1=2にならないので、個人個人で経験していくしかないのでしょうね~

 

エネルギーは「糖」か「ケトン体」といったところでしょうか。

 

最近では糖の過剰摂取が問題になっています。

ランニング、特にマラソンとかタイムを意識したランニングは非日常なので、まったく絶って良いものかどうか。。。実際マラソン大会の朝に、餅など炭水化物を摂るようにしたら、結果が安定して良くなったという話しも聞きます。

 

体にためたグリコーゲンからエネルギーをもらうパターン。

体から糖が少なくなった時、肝臓から糖新生でブドウ糖をもらうパターン。

(筋肉を痩せさせるみたいだが)

脂肪からケトン体を使うパターン。

 

ケトン体を使う場合、糖に頼った体では切り替えられない?

脂肪のエネルギーは底なし?

 

脂肪は糖がなくては燃やせない。糖の量は少なくても良いみたいだが。

(糖質制限でも十分まかなえる?)

 

さーどうするかw

 

 

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)