糖の取り込み装置

それにしても、脳はなぜこんなに糖を多量に必要としているのでしょうか。

 

まず第一には、脳には糖の備蓄能力がとても少ないので、血中の糖を頼りにしていることが考えられます。

 

次に、糖の取り込み装置の問題があります。脳は通常ブドウ糖を、筋肉は脂肪をエネルギー源にしています。しかし脳には血液脳関門があるので、ブドウ糖は通しますが脂肪酸は通しません。したがって、糖を効率的にエネルギーにするため、細胞内に特殊な糖の取り込み装置が存在しているのです。これを糖輸送体(GLUT…グルコーストランスポーター)といいます。

 

骨格筋や心筋はGLUT4というトランスポーターを使います。これは通常は細胞内に隠れていますが、運動時や糖質を摂取して血糖値が上昇しインシュリンが追加分泌されたとき、この装置が働いて糖を細胞表面に運びエネルギーに代えます。運動していないときや血糖値が上昇していないときは、GLUT4は細胞内に隠れているので、筋肉は糖を超微量しか取り込むことができません。すなわち主要エネルギーは脂肪となるのです。

 

一方、脳はGLUT1というトランスポーターを使います。これは脳細胞表面に常に存在していて、いつでも糖を取り込むことができます。脳がとっさな判断を求めたり、ストレスや素早い反射のときに、糖をエネルギーとしていつでも使うことができるのです。ブドウ糖は血糖値を100mg/dlとすると必要量の約10倍、酸素はヘモグロビン濃度を15g/dlとすると必要量の約2~2.5倍が供給されており、わずかな血流の低下があったとしても直ちに供給不足になることはありません。ちょっとした脳への血流低下で、糖や酸素のエネルギー不足となって意識を失っていては命取りです。そのため、脳は考えられる以上の糖と酸素の予備供給能力を持ちあわせているのです。

(「脳はバカ、腸はかしこい」)

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7