醤油

安息香酸Naが醤油でも使われている場合がある。

 

●中小醤油メーカーの製品には合成保存料が含まれていることも

 

地方の中小醤油メーカーの製品には、腐敗するのを防ぐために、合成保存料の安息香酸ナトリウム(Na)が添加された製品があるのですが、これには、2つの問題があります。

 

まずひとつは、毒性が強いということです。安息香酸Naを5%含むえさでラットを4週間飼育した実験では、すべてが過敏状態、尿失禁、けいれんなど起こして死亡しました。

 

しょうゆの場合、安息香酸Naの添加できる量は、1kg当たり0.6g(安息香酸として)です。したがって、製品に含まれる量は最大で0.06%と少ないのですが、動物実験でもわかるように毒性が強いので、胃や腸などの細胞に影響がないのか懸念されるのです。ですから、このような製品を毎日使うのはやめたほうがよいでしょう。

 

さらに、安息香酸Naは、ある栄養素と化学反応を起こして、発がん物質になることがあるのです。その栄養素とは、ビタミンCです。それと反応して、第1章で解説したベンゼンに変化するのです。

 

実際に2003年にイギリスで、安息香酸(安息香酸Naは、安息香酸にNa=ナトリウムを結合させたもの)とビタミンCが添加された飲料からベンゼンが検出されたため、製品を回収するという騒ぎが起こりました。

 

実は安息香酸Naとベンゼンは、化学構造が似ているのです。ベンゼン核に-COONaが結びついたのが、安息香酸Naなのです。ですから、何かが安息香酸Naに作用して、-COONaが取れてしまえば、ベンゼンになってしまいます。したがって、安息香酸Naが添加された飲料には、ベンゼンができている可能性があるのです。

 

しょうゆは毎日使うものなので、その中に微量とはいえ発がん物質が含まれているとなると、その影響は大きいことになります。ですから、安息香酸Naが添加された製品は使わないほうが無難です。

 

なお、しょうゆには、安息香酸Naのほかに、合成保存料のパラオキシ安息香酸塩が使われることもありますが、これもベンゼン核をひとつもつ化学物質で、やはり何らかの影響でベンゼンになる可能性は否定できません。したがって、これが添加された製品も使わないほうが無難です。

(「がんになる29の添加物を食べずに生きる方法」)

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7