沖縄が長寿県から脱落した真相

●沖縄が長寿県から脱落した真相

 

以前の沖縄は、都道府県別平均寿命で男女ともにトップだった過去もあり、長寿の島として世界的に名を馳せていました。ところが、00年に男性が一気に26位まで後退し、「26ショック」などといわれた頃からずっと低迷しています(その前の95年調査では4位)

(中略)

しかし、どうにも納得できないのは、沖縄クライシス(危機)の原因として必ず取り沙汰されるのが、「食の欧米化」と「運動不足」であること。県内の多くの医療機関も、この2点をしきりに啓蒙しています。自治体主導で指導を行っている市町村もあります。

(中略)

アメリカの統治とともに食文化が輸入され、県民がこぞってステーキやハンバーガーを食べるようになった状況など、沖縄には起きていません。というよりむしろ、肉をよく食べていた琉球食文化の伝統が薄れるとともに、穀物や野菜中心の食生活に変わっていきました。これが、戦後の沖縄県民に起きた食生活の変革です。

 

本土では、3世紀に農耕が確率しました。同時に、仏教の伝来などによって、肉食を”けがれ”とする思想もあり、生き物の殺生や肉食を禁じる法令がたびたび出されます。こうして肉食が忌避され、穀物・野菜中心の食文化が形成されました。

 

対して沖縄では、琉球王朝時代(1429~1879年)に養豚が盛んになり、山羊も食べられていました。以来、肉食中心の食文化が600年以上も続いたのです。そのことは、沖縄県内にほとんど田んぼがなく、米の自給ができないという事実からもうかがえます。

(中略)

しかし、この独自の素晴らしい食文化も、戦後の急速な近代化の波にのまれていくことになります。フールー(民家の豚小屋)が廃止され、チーイリチー(野菜などを豚の血で炒めたもの)やラードも敬遠されるようになりました。それが戦後の沖縄であり、アメリカは偶然その時代に統治していただけのことです。

(中略)

それなのに、沖縄クライシスの原因を「食の欧米化」と決めつけるのは、明らかな事実誤認といわざるを得ません。沖縄県民に肥満や糖尿病が急速に増え、都道府県別平均寿命の順位を下げた原因が何かといえば、肉食から草食(穀物・菜食)に変わってしまったから。沖縄県民は、「食の本土化」によって健康状態を著しく悪化させたのです。

(「日本人だからこそ「ご飯」を食べるな」)

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7