高温調理をいかに避けるか

●高温調理をいかに避けるか

 

どうやったら調理の際に生み出されるAGEsを減らせるでしょうか?

食品中に含まれるブドウ糖の濃度が10%の場合、AGEsを生み出すメイラード反応は80度で5倍に、130度では25倍に増加します。後述する「AGEs含有量の少ない食品」を選ぶことも重要ですが、それよりも食品を直火焼き、フライなど高温調理するほうがずっと危険であることが分かるでしょう。

 

AGEsを減らす調理方法としては、「①煮込む、②茹でる、③蒸す、④低温でゆっくりと焼く・あぶる」を心がけてください。

 

刺身などの生であればAGEsの発生を気に留める必要はありませんが、生で食べる場合、バクテリアなどの感染の可能性があります。抗菌作用の強いワサビ、シソなどを一緒に摂取し、感染症を予防するといいでしょう。

 

また、レモンなどビタミンCを豊富に含む果実・野菜は、AGEsの酸化促進作用をブロックしてくれます。調理後の肉・魚などにレモン果汁をふりかければ、AGEsの悪影響を減らすことができます。

 

●「フレンチフライ」が危険な理由

 

また、もう一つ知ってほしいのは、炭水化物(特にデンプン質)を多く含む植物を120度以上の高温で熱すると。AGEsの一つで、発ガン性の高い「アクリルアマイド」が生み出されるという点です。

 

ポテトチップやフレンチフライには、このアクリルアマイドが多量に含まれていることが分かっています。アメリカ政府は水道中のアクリルアマイド量に規制値を設けていますが、フレンチフライに含まれる量(水道水と同重量あたり)は規制値の500倍にもなります。

 

こうしたアクリルアマイドが生み出されるのは、イモ類などのデンプン質に含まれるアスパラギン酸(アミノ酸の一種)が、高温加熱することで糖と結びつきメイラード反応を起こすためです。

 

アクリルアマイドは、タンパク質の豊富な食品を加熱してもあまり発生しませんが、デンプン質の多い炭水化物では大量に発生してしまうのです。

 

また、デンプン質に限らず、調理時間が長くなればなるほど多量に発生することも分かっています。前述の4つの調理法を守りつつ、あまり長時間加熱しないことを心がけるといいでしょう。

(「間違いだらけの食事健康法」)

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7