子どもに薬を与える

●子どもに薬を与えることのリスク

 

子どもの病気に親は極めて敏感だ。「ちょっと熱がある」となれば、すぐに病院に駆け込んだり、ドラッグストアに走ったり……。もちろん、子どもの健康に細やかな注意を払うのは当然だが、あまりに薬に頼っている傾向があるように見えるのが、私にはかなり気がかりである。

 

薬は栄養とは違って分子がとても小さい。そのため腸粘膜のバリアをすり抜けてしまうのだが、その後に体を巡る過程でも大きな問題があるのだ。私たちの脳には血液脳関門というシステムがあり、脳に入っては具合の悪いものは入れないという働きが備わっている。いわば、脳の機能を乱さないための”関所”の役割をこの血液脳関門は担っているわけだ。

 

薬の多くはこの関所も通り抜けてしまい、脳の神経細胞まで届いてしまうのだが、なかには引っかかるものもある。つまり、一定程度のバリア機能は果たしているわけだ。ところが、子どもの場合は血液脳関門が未熟なため、成人では関所で止められる薬も入ってしまう可能性がある、とされているのだ。

(中略)

実際、薬の影響が子どもにより多く出やすいことは臨床的にもわかっている。たとえば、インフルエンザの治療に使うタミフルによって、異常行動が出るのは子どものほうが明らかに多い。これは成長期の子どもの脳が影響を受けやすいということを物語っているといえるだろう。

(中略)

タミフルと同じような作用があると思われるものに、うつ治療に使われるパキシルなどのSSRIがある。

 

ここまで見てきたように、子どもは薬の弊害が出るリスクが高いことは間違いない。それだけに使用については慎重な態度が望まれるわけだが、実際には風邪をひいた、鼻炎になった、中耳炎だ……といったケースで、考えも迷いもせず、安易に抗生物質など多くの薬を飲ませていることが多い。

 

「この子たちは、将来、本当に抗生物質が必要な気管支炎や肺炎になったときにどうするのだろう?特定の1種類か2種類の抗生物質しか効かなくなってしまうのではないか」

 

そんな不安が膨らむばかりだ。

 

子どもを保育園に通わせているお母さん方には、少しでも早く保育園に預けたいために抗生物質や強い薬を希望してくることがある。一般的なウイルス性の風邪には抗生物質は無効であり、治癒までの期間を短くしてくれることはない。さらにちょっとした発熱で解毒剤を使うと、完治するまでの期間も長くなってしまう可能性があるのだ。

 

感染症にかかったら、一通りの症状が出て治るものである。基本的には、日頃から食べ物や栄養に気をつけ、免疫を高いレベルに維持しておくことが、風邪にかからず、なっても早く治ることにつながるのである。

(薬がいらない体になる食べ方)

 

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7