糖が多いと対応できない

●そもそもヒトの体は、糖が多いと対応できない

 

私が砂糖中毒を心配するのは、血糖値による弊害も心配しているからです。

 

砂糖をとればとるほど、血糖値は上昇しやすく、糖尿病のリスクが高くなります。

 

もともと、人は進化の過程で飢餓状態の歴史のほうが長かったので、現代の日本のように、砂糖のとりすぎによって血糖値が急上昇するというシチュエーションは想定していなかったのです。

 

そのため、私たちの体内には、血糖を上げるよう働くホルモンはたくさんあります。例えば、アドレナリンをはじめ、多くのホルモンに血糖値を上昇させる働きがあります。

 

さきほど紹介したように、ブドウ糖が不足して血糖値が下がってきたら、まず肝臓に蓄えられているグリコーゲンが分解されて血糖値を上げます。糖新生で必要なブドウ糖をつくりだし、ケトン体回路でエネルギーをつくることも可能です。

 

これは当然のことで、生きるために闘い、活動するためには筋肉と脳を動かさないとなりません。闘うためには交感神経が必要で、リラックスしてからだを休めるために副交感神経必要なわけです。そして、闘うために交感神経をスイッチオンするためには、ATPが必要で、それをすばやくつくることができるのは、やはりブドウ糖になります。

 

ところが、血糖値を下げるホルモンはひとつしかありません。それはどうしてかというと、理由は簡単で、食事をしなければ自然に下がってくるからです。

 

現代の日本のように、おなかいっぱいになるほど食べられる時代はそれほど長く続いたわけではありません。むしろ、長い長い間、食べるものを手に入れるために苦労し、飢えと闘ってきました。

 

もともと、人間が一度に食べられる量には限界があります。一定の食事があったときに、食べる側の数と食べられる側の数はいっしょに進化しているので、そのバランスはあまり崩れません。食べ物が多いときには子孫が増え、子孫が増えて食べ口が増えると1人当たりの分け前が減り、淘汰されます。

 

自然界では、捕食者と被食者との需要と供給のバランスがとれているので、血糖値を下げるためのホルモンはひとつで十分だったわけです。

(「砂糖」をやめれば10歳若返る!)

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7