よく噛む

●よくかんでゆっくりと食べることも大切


野菜から食べるようにすると、野菜をとる量が増えます。野菜には食物繊維が多く含まれているので、野菜をたくさん食べるようにすると、自然とよくかんで食べるようになります。


この「よくかんで食べる」こともとても大切です。


先ほど、野菜から食べる健康法をご紹介しましたが、せっかく野菜を先に食べても、よくかまず、早食いをしてしまうと、血糖値が上昇しやすいことがわかっています。血糖値の急上昇を抑えるためには、野菜を食べ始めてから10~20分経ってから炭水化物を食べるようすすめられています。


おそらく、よくかまずに早食いすると、野菜の食物繊維が腸に届く前に、炭水化物もいっしょに送り込まれてしまい、ブドウ糖や脂質の吸収を抑制する効果が落ちてしまうのでしょう。実際、早食いの人ほど太りやすく、血糖値が上昇しやすくなっているので、よくかんでゆっくり食べることを忘れないようにしてください。


早食いの人が太りやすいのは、食べるスピードが速すぎて、おなかがいっぱいになったと感じる前に食べ過ぎてしまうからです。


食事をするときには、必ず20~30分以上時間をかけて食べるようにしましょう。ゆっくり食べていると、満腹中枢に刺激が伝わりやすく、きちんと、食べている最中に「おなかがいっぱいになった」という刺激が伝わり、自然と食べ過ぎ予防につながります。


ほかにも、よくかんで食べると脳が刺激され認知症になりにくいという研究結果もあります。


ボケ知らずの若々しい脳を保つためにも、よくかんで食べる習慣をつけましょう。

(「砂糖」をやめれば10歳若返る!)



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7