マラソン・炭水化物

運動を始めると甘い物が余計欲しくなったりします。
このパターンにはまると、運動している割に体重が減らない。。。という悪循環。

「正しく”歩いて”東京マラソン完走」より抜粋。


■「炭水化物を摂らなければ…」という完璧な誤解


私の講座に来る初心者にも、「走るときは、炭水化物をしっかり摂ったほうが良い」と思い込んでいる人がまだまだいます。また、そう思わなくても、走ることによって体内に蓄えていた糖質を消費するため、その分、炭水化物の摂取量が知らず知らずのうちに増えてしまう、といった現象が起こってきます。炭水化物が糖質となり、グリコーゲンに変わって体内に蓄えられるときには水分も必要ですので、当然、水分を多く摂ることになり、それにしたがって体重も増えていきます。


「初心者が走り始めると、体重が増える」という現象は、こうした状況から起こってきているのです。


市民ランナーの場合は、体重が重かったり、走る時間が長かったりするだけで、マラソンで消費するエネルギー量は3000~4000キロカロリー以上にもなります。


しかし、成人男性が一度に蓄積できるグリコーゲン量(300~380g)では1200~1520キロカロリー程度のエネルギー量しか生み出せません。つまり、4~5時間という長い時間をかけてフルマラソンを走り切るエネルギー量には、とても足りないわけです。


そのためにも、脂肪をエネルギー源として上手く使える方法を身につけることが重要になってくるのです。


私が現役時代に行っていたのは50km競歩で、マラソンより距離も時間も長い競技でした。鉄人レースといわれるトライアスロン(スイム、バイク、マラソンの3種目を連続して行って、その順位とタイムを競う競技。全体の距離を少なくしたオリンピック標準と本来の距離で争うアイアンマンがあります)になると、その消費カロリーは8000キロカロリー以上にもなります。


そのため競歩やトライアスロンの選手は、糖質(グリコーゲン)以外のエネルギー、つまり、脂肪を効率良くエネルギーに変える方法を早くから研究・模索してきたのです。




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7