夏場のトレーニング

私は自分でもランニングして、指導とのギャップを少なくするようにしています。

トレーニングは大まかにわけて、スピード練習と持久力のトレーニングをします。

 

日本は四季がはっきりしていて、夏場のトレーニングは暑くてどうするか悩みどころです。競技選手は避暑地に行ったり、気候の良い海外へ行ってトレーニングします。

 

市民ランナーを指導する方は、夏場は走らなくても良いぐらいのことを言う人もいます。それぐらいリスクがあるということですね。しかし、持久力を必要とするスポーツ、特にマラソン選手は「3日走らないと能力は落ちる」とよく言われます。

 

じゃー夏場は何で走っちゃいけないのか?それは体に対する負荷が強すぎるからですね。たとえ夏場に春と同じ距離・同じスピードで走れたとしても、春とくらべてどんどん疲労が蓄積していくわけです。マラソン練習というのは、自分の力が100%とした時、60%の力をどれくらい引き上げることができるのかがポイント。例えば、20kmの持久走を60%で走らなくちゃいけないのに、80%で走っちゃうとやりすぎ。1000mのインターバルをレースペースを100%としたとき、130%で走っちゃうとやりすぎ。この同じことを夏場にやれば。。。想像はつきますよねw

 

それでも走りたいアナタ!(笑)以上のことを見越して夏場はレベルを下げられるか、なるべく涼しい場所・時間を計画して走ることが、練習の効果を上げるでしょう。だいたいの人は加減がわからないので、お近くのパーソナルトレーナーにアドバイスをもらいましょう♪

 

夏場から涼しい季節に入るとスピードを上げ、質量ともに上げます。

涼しくなると練習を積み重ねても疲労がたまりにくくなり、自分の60%を自然と引き上げやすくなります。。。。が、ここで問題になるのがケガとか故障ですね。

 

夏場は疲労感に悩み、冬場はケガに泣かされる。。。。季節によって先を読んでの微調整は快適なランニングライフにつながると思います。

 

健友館こん整体 http://www.kon-seitai.com/

 

 

 

 

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7