筋トレ

●筋トレをすると脳が”若返らねば”と勘違いする!


アンチエイジングに欠かせない「成長ホルモン」。残念ながらダイレクトに”成長ホルモンを出させる食材”というものはありません。ですから”成長ホルモンの分泌しやすい環境を作る食べ方”について、これまで詳しくお話ししてきました。しかし、成長ホルモンの分泌を促すには、もうひとついい手があります。有効なのは「筋トレ」です。


筋トレのような瞬発力を必要とする激しい運動をすると、筋肉に強い負荷がかかります。するとその刺激が脳に伝わり、脳は「体はまだ成長期なんだ!」と錯覚し、成長ホルモンをどんどん出してくれるのです。まさに脳が勝手に若返ろうとしてくれる嬉しい勘違い!これなら筋肉の強さも年齢も関係なく、成長ホルモンを出し続けることが可能なのです。事実、90代の高齢者でも筋肉は成長するというデータ結果もあるほど。


逆に、筋肉量が減った体は新陳代謝も悪くなり、脳は「もうこれ以上体が成長することはなさそうだから、成長はストップしよう」と判断して成長ホルモンを分泌しにくくなってしまいます。ジョギングのような軽い有酸素運動では成長ホルモンはほとんど出ないことがわかっていますから、その意味でも週1~2回は、ハードなトレーニングをするのが理想的です。


ポイントは、集中的に強い刺激を与えて筋肉を”酸欠状態”にすること。とにかく「もうこれ以上は無理!」と思うまで追い込むのがコツです。回数や負荷の重さに決まりはなく、長い時間トレーニングする必要もありません。むしろ、途中で休憩してしまうと酸欠が改善されて成長ホルモンを分泌する効果が低いので、短時間で集中的に行うのがベスト。


スポーツクラブに通う時間がなくても大丈夫。家で簡単にできる方法はあります。例えばスクワット。スクワットは成長ホルモンを多く出す太ももやおなかなどの大きな筋肉を効率よく鍛えられるうえに、全体の筋肉量が増えて基礎代謝もアップ。食べても太りにくい体が作れるのでまさに一石二鳥!


太ももだけでなく、おなかや背筋、お尻にも力を入れ、膝が前に出ないようにしながら膝より低い位置までまっすぐ腰を落とします。正しいフォームで行うと女性なら10回もできないほどハードなはずですよ。また、女性が気になる二の腕は、椅子を利用すると効果的。後ろ向きの状態で逆さ腕立て伏せをする要領で、椅子の座面に両手をついて両腕で体全体の体重を支えてプッシュアップ。


どちらも回数や時間ではなく、自分で限界だと思うまでやることが成長ホルモンの分泌を促す秘訣です。僕はジムにも通っていますが、自宅やホテル、ヨットに乗っている間も時間を見つけてはチューブなどを使ってトレーニングしています。”脳はだまして若返る”。アンチエイジングにぜひ取り入れてみてください。

(「老けない人はやめている」)





      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7