ランニングライフ

●ランニングライフ


ブータン王国は、インドと中国に挟まれた、国土面積が九州くらいの小国です。


物質的には決して豊かではないこの国は、前国王が提唱した、金でも物質的豊かさでもなく幸せを増やそうとする国づくりをして、経済成長第一の”先進国”からそのあり方が注目されています。”国民総生産”(GNP:Gross National Product)でなく、”国民総幸福量(GNH:Gross National Happiness)”を政策の基礎にしているのです。


国内には信号機が一台もなく、代わりに人間が交通整理をしています。もちろん、それができる環境であるということでもありますが、同様にさまざまな分野で仕事を創出し、失業率はわずかに3.1%(2005年)。国民は、よく働いて、よく食べて、酒を飲んで楽しく暮らしていけるという生活を享受していると聞きます。幸せのあり方はいろいろあるけれど、金や物質的豊かさと幸せは、かならずしも同じ方向を向いていないのでは?と感じることがあります。


これがランニングにどう関係するのかと思うでしょう?私は自分のランニングライフもブータンのようにありたいなと思うわけです。物質的豊かさを、走能力や走る時間に置き換えてブータンを紹介するテレビを観る。すると、速くなくてもいいじゃん。毎日を楽しく暮らしていければ……と思えてきます。テレビ番組でブータンの首相(’08よりブータンは立憲君主制)が「幸せとは、いま自分が手にしているもので充分だと気づくことかもしれません……」というのが、そのままランニングを楽しむ心構えだなと思えてくるのです。駅伝に出るとか、レースに出て記録をねらうということになると、そうも言ってられないのですが、走ることが苦しくなってきたときは、ブータン王国を思い出すといいかも?と思います。


走りに対する価値を、単に”タイム”だけではなく”走った感”で評価するというのもありではないかと思います。


”走った感”とは、充分、不充分、ヘロヘロ、快調、感動、発見……といったような、主観性です。”感動”ってのはいいな。”発見”っていうのも悪くない。いつもねらって得られるものじゃないけれど、そんな走りができたら良いなと思う。ただ走るだけなら、太陽のあたらない室内でトレッドミルをやればいい。でも、外に出て、たとえば野山を走れば、普段には味わうことのできない感動や発見がありそうな気がする。歩くよりも長い距離を感じ、自転車より複雑な地形を味わう。走りならではの世界に行けそうな気がする。


そんな価値観を走りに求めることができたなら、ランニングは生活の大切な一部になるのではないでしょうか?

(「ランニングの科学」)







      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7