オリーブ油

●少量にした方がよいオリーブ油


オリーブ油はコレステロール低下作用があるような話になっていますが、たとえあったとしても一過性のはずです。そして、コレステロールを下げることが、健康増進につながるわけではありません。コレステロール値は高い方が長生きなのです。


フランスは北部に比べて地中海地方の心臓病が少なく「フレンチ・パラドックス」と呼ばれています。


これを、地中海地方ではオリーブ油や菜種油を食べている結果だとする報告もありますが、私は地中海地方で魚介類が多く食べられている結果だと思います。


日本以外にアイスランドや上海でも魚を食べる人が多く、これらの国・地域ではおおむね心臓病は少なく、長寿です。


オリーブ油は、動物実験で用量依存的に発癌促進作用を示します。エネルギーの6%でも有意に発癌促進作用を示すのですから、オリーブ油を愛用する家は、量を考えてみる必要があります。


使うにしても、できるだけ少量にした方がよいでしょう。


ちなみに日本人は平均して、油脂の総摂取量はエネルギーの25%ですが、若い人は30%に近づいています。

(中略)
カナダのグループは、オリーブ油の脳出血促進作用を見つけました。脳卒中ラットの寿命を短縮するのです。私のグループも確認しています。


このようにオリーブ油の悪い面は、ちゃんとした論文になっているにもかかわらず、一般の人はほとんど知らされていません。


オリーブ油は健康に良いとするイメージがメディアを席巻しているからです。オリーブ油の流通に力をもつ国際的なグループの力が強大なのです。

(「本当は危ない植物油」)






      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)