ショウガ

●ショウガを積極的に食べる


ショウガが体を温めることはよく知られています。ショウガは私たちにとってなじみが深いばかりか、漢方薬にも配合されていることが多い香味野菜です。このショウガを積極的に摂って、体内から体を温めていきましょう。


摂取の方法には、一つコツがあります。東洋医学の考え方では、ショウガはショウガでも「生のショウガ」と「乾燥させたショウガ」では意味が違います。名称もそれぞれ異なり、生のショウガは生姜(しょうきょう)、乾燥させたショウガは乾生姜(かんしょうきょう)と呼ばれます(医薬品の規格を定めている日本薬局方においては、生姜と乾生姜は同一のものです)。また、ショウガの表面の皮を取り去り、蒸してから乾燥させたショウガは乾姜(かんきょう)といいます。


それぞれ同じショウガではありますが、体を温める作用は、乾姜→乾生姜→生姜の順に優れています。そのままよりも、乾燥させて辛み成分をふやしたほうが温める効果がより大きくなるのです。


乾生姜は自分でも簡単に作ることができます。生のショウガをよく洗い、皮つきのまま1~2mmの厚さにスライスします。このショウガを屋内で4日から1週間干し、手で砕けるくらいになるまで乾燥させます。ショウガから完全に水分が抜けたら、すり鉢ですったりミキサーにかけたりして粉末にします。これで完成です。


この乾生姜の粉末を、お茶やみそ汁をはじめとした料理に加えれば、手軽にショウガの温め効果を実感することができます。

(「腎臓病を治す本」)







      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7