ランニング障害

●ランニング障害は二つに分類できる


足、腰の痛みを中心とした整形外科的ランニング障害は、大部分が走り過ぎによって起こるものです。ひとたび故障すると、なかなか治らなくて、多くのランナーを悩ませることになります。


これらの障害にはいろいろなものがありますが、原因となる力の加わり方によって大きく二つに分類することができます。


一つは、いわゆるスジである腱や靭帯が引っ張られることで起こる障害ーー引っ張り力による障害で、もう一つは、それらが体内で動くために、周囲との摩擦による障害ーー擦れることによる障害です。


●引っ張り力による障害


ランニング障害で目立って多いのが、腱鞘や靭帯付着部炎です。


腱や靭帯は、関節を構成している線維性の組織で、常に引っ張りの力を受けている部分です。これらの組織では構造的に弱い部分があると、力の分散が不均等になります。その結果、弱い部分に力が集中することになり、障害へとつながっていきます。実は、骨に腱や靭帯が着いている箇所は、比較的弱い部分になるため、障害が発生しやすいのです。初めはごく小さな亀裂として発生しますが、ひとたび亀裂ができるとその部分にさらに力が集中してしまい、亀裂は徐々に進行していき、ある程度の大きさに達すると痛みを感じるようになります。かかとの痛みや、膝周囲の靭帯性の痛みは大部分がこの種の障害です。


●擦れることによる障害


腱は、身体の中で動くことによって手足に力を伝えています。動くたびに周囲と摩擦することになり、回数が多いとトラブルが発生します。


腱の通り道には腱鞘というトンネルがあり、その内側にはつるつるした粘液があって、頻回の摩擦に耐えられるようになっています。ところが耐えられるといっても限度があります。長時間の酷使や曲がったり、出っ張ったりしている部分では異常負荷などが原因で、粘膜細胞の表面に小さなキズができることがあります。この小さなキズが発端となって、障害は徐々に進行してゆき、そのうちに腱鞘全体に炎症反応を引き起こします。これが摩擦による障害としての腱鞘炎や長脛靭帯炎、関節炎などです。

(「ランニング障害解決事典」)









      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7