変形性関節症・痛風

関節のはれや痛みが起こる膠原病と似た病気


●中高年の女性に多い変形性関節症


変形性関節症とは、関節の軟骨がすり減り、やがて骨どうしがぶつかって関節が変形する病気です。加齢や肥満、関節の使いすぎなどが原因で起こり、はれや痛みが現れます。特にひざに多く、腰や首の骨、股関節、手指の関節にもみられます。


加齢とともに増えてくることから、中高年になると徐々に増加し、特に女性に多くみられます。


関節リウマチとのちがいは、関節リウマチでははれた関節がぶよぶよとやわらかいのに対し、変形性関節症では骨が硬く盛り上がったように感じることです。また、関節リウマチでは手の指先から2番目の関節や指の付け根に多く、変形性関節症では指先側の関節によく起こります。


治療は、薬物療法で痛みを抑えながら、運動療法などで症状を軽減させます。関節の変形が大きいときは、骨切り術や人口関節に置きかえる手術などを行います。


●働き盛りの男性に多い痛風


関節に激痛が起こる病気で、男性に多いのが痛風です。足の親指の付け根に起こりやすく、原因は血液中に増えすぎた尿酸が結晶となって関節にたまり、刺激することです。


痛風は血液中の尿酸が多い高尿酸血症の人に起こります。肥満や肉類中心の食生活、過度の飲酒などが原因で尿酸値が高くなると、痛風発作を起こす危険が高まります。中高年の男性に多い病気でしたが、最近20~30歳代での発症も増えています。


関節リウマチと見分けるには血液検査を行い、尿検査を調べます。


治療は、食生活の改善や運動、肥満の解消など、生活習慣の改善が何よりも大切です。尿酸値を下げる薬や、発作や症状を抑える薬を使うこともあります。

(膠原病・リウマチ)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)