寒いと血圧は上がる

●寒いと血圧が上がり、心臓に負担がかかる


血圧は、個人差や、いろいろな条件で変動します。季節による変動もあり、一般に、春から夏にかけては低めで安定しますが、秋から冬に向かって高くなります。血圧に異常がない健康な人でもこの変動がありますが、すでに高血圧になっている人は、変動の幅がより大きくなる傾向があります。血圧の上昇が大きく影響する心臓や脳の虚血性疾患で亡くなる人は、夏より冬に多くなることが明らかになっています。


血圧は、さまざまな刺激によって上がりますが、その原因のひとつに、皮膚への刺激があります。痛みや熱などを感じることによって交感神経が興奮し、血圧が上がるのです。とくに冷感の刺激の影響は大きく、氷水に手をつけただけでも血圧が急上昇します。冬は、からだ全体で冷たい刺激を受けるので、血圧が上がりやすい環境になっています。


寒さは、末梢神経を収縮させるため、血管の抵抗が大きくなって、これも血圧を上がりやすくします。血液も固まりやすくなるので、すでに血圧が高い人は、ちょっとした寒冷刺激にも注意が必要です。

(「狭心症・心筋梗塞の安心読本」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7