膝関節

膝関節の筋肉も肩こりのようにカチカチになる


●柔らかい筋肉


膝関節は本来、非常に摩擦が少なくスムーズに動きますが、何かの拍子に軟骨が傷ついて関節内に炎症が起き、痛みが生じると、曲げ伸ばししにくくなります。


再びスムーズに動くためには、軟骨が再生してくれればよいのですが、今の医学ではまだ実用段階にありません。でも、今より少しだけ膝関節がスムーズに動けば、歩くのが楽になり、日常生活が楽になるのではありませんか?


痛みがある方の中には、膝関節まわりの筋肉がひどく硬い方がいます。また、歩くときに、膝関節を伸ばした状態で歩く方もいます。これらの原因は、痛みによる防御反応や膝関節の筋肉の使い過ぎです。膝関節まわりの筋肉がカチカチでは、関節もスムーズに動かすことができません。


●少しでもスムーズに


膝関節の動きは、膝関節まわりの筋肉を緩めるだけで、少しスムーズになります。「凝っているな」「硬いな」と思う部分を手でマッサージしてもいいですし、温めてもいいです。膝関節を軽く曲げ伸ばしするだけでもいいです。どのような方法でもよいので、とにかく膝関節周りの筋肉を柔らかくしてあげましょう。


できれば、筋肉が硬くなってからではなく、日頃からケアを行って、膝関節の筋肉を常に柔らかく保つようにしましょう。

(「よくわかる膝関節の動きとしくみ」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)