大病院志向

病気になったら、大病院や専門医を求めて彷徨っても、ゴールは無いかもしれないという話し。


●「大病院志向」が、望む医療を遠ざける


近年、特に問題視されているのは、日本人に根強い「大病院志向」です。「大きな病院のほうが医療機器も揃っていて、最先端の医学に基づいた治療が受けられて安心だ」。そう考える人が多く、中には軽い風邪を引いただけで大学病院に行ってしまうような人もいます。そうやって大きな病院に患者が集中してしまうことで、勤務医の疲弊(ひへい)が起きているのです。


それは、患者にとっても決していいことはありません。最先端の医療を受けたいとわざわざ大きな病院に行ったのに、思うような医療を受けられないとなれば、相当なストレスを感じることでしょう。よく言われる「3分診療」などもいい例です。3時間、4時間待って、診察時間はわずか3分。患者の不満はもっともですが、これはその病院に勤務する医者に対して患者の数が多すぎることも原因のひとつです。「最先端の医療を受けたい」と大学病院を受診しても、風邪であれば、町のお医者さんと同じ治療を受けることになります。


テレビなどのメディアでは盛んに最先端医療の素晴らしさが強調されますが、実際のところ、最先端の医療が万人にとって最善の選択というわけではありません。人間の体はまだまだ解明されていないことも多く、また病院に対しての治療法がすべて確立しているわけではありません。医療現場では、病気や、あるいは体の部位ごとに専門性を高め、日夜研究を続けていますが、最先端の医療とは、この高い専門性の下にあります。そしてあえて言えば、大学病院とは、それぞれの専門分野で研究や治療を行っているところであるため、専門分野を越えて患者を診察するというシステムにあまり力を入れていないのです。


つまり、最先端医療とは、特定の病気または体の部位に限られた、非常にピンポイントな治療である場合が多い。そして、それを必要とする患者というのは、実は一部にすぎないということを知っておく必要があるでしょう。


そう考えると、フリーアクセスは患者自身が賢くなることを要求される仕組み、とも言うことができます。医学的な知識を身に付けろ、ということではありません。現代医療の高い専門性を考えれば、自分で病気の見当をつけていきなり専門医にかかるといったことは、近道のようでいて実は遠回りであり、いわば「難民化」の始まりと言ってもいいかもしれません。そうではなく、医療機関を利用する側は、医療の仕組みについて、大まかなアウトラインだけでも押さえておく必要がある。ということを言いたいのです。


医療というのはひとつの医療機関だけで自己完結しているのではなく、異なる機能を持つ医療機関同士が役割分担し、互いに連携することによって、全体をカバーしています。そのような全体像をつかんでおくだけでも、自分の状態や目的に合った医療機関の選択がしやすくなるでしょう。

(「話を聴かない耳栓医者と思いを呑み込む仮面患者」)





      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7