膝関節

膝関節の筋肉も肩こりのようにカチカチになる

●柔らかい筋肉

膝関節は本来、非常に摩擦が少なくスムーズに動きますが、何かの拍子に軟骨が傷ついて関節内に炎症が起き、痛みが生じると、曲げ伸ばししにくくなります。

再びスムーズに動くためには、軟骨が再生してくれればよいのですが、今の医学ではまだ実用段階にありません。でも、今より少しだけ膝関節がスムーズに動けば、歩くのが楽になり、日常生活が楽になるのではありませんか?

痛みがある方の中には、膝関節まわりの筋肉がひどく硬い方がいます。また、歩くときに、膝関節を伸ばした状態で歩く方もいます。これらの原因は、痛みによる防御反応や膝関節の筋肉の使い過ぎです。膝関節まわりの筋肉がカチカチでは、関節もスムーズに動かすことができません。

●少しでもスムーズに

膝関節の動きは、膝関節まわりの筋肉を緩めるだけで、少しスムーズになります。「凝っているな」「硬いな」と思う部分を手でマッサージしてもいいですし、温めてもいいです。膝関節を軽く曲げ伸ばしするだけでもいいです。どのような方法でもよいので、とにかく膝関節周りの筋肉を柔らかくしてあげましょう。

できれば、筋肉が硬くなってからではなく、日頃からケアを行って、膝関節の筋肉を常に柔らかく保つようにしましょう。
(「よくわかる膝関節の動きとしくみ」)

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7