足首のねんざ

●以前にねんざした足首が痛い


足首のねんざは、内反と呼ばれる足の裏が内側を向くような動きで起こるケースがほとんどです。この場合、足首の外側にある強い線維(靭帯・じんたい)が引き伸ばされ、外くるぶしの下の前のほうを押すと痛いという特徴があります。


一般にねんざとは、関節が正常な可動範囲を超えた動きをし、靭帯が引き伸ばされて部分断裂を起こすことをいいます。部分断裂の程度によって重症度が決まり、その後の経過に大きな差が出ます。つまり何万本もある線維の束の何パーセントが障害を受けたかによって重症度が決まるのです。特に重症ののねんざの場合は靭帯のゆるみを残して治るので、グラグラした不安定感が残り、同じねんざを繰り返しやすくなります。


中等度のねんざでは、なんらかの関節固定が必要です。痛みが数日間たっても軽くならない場合は中等度と考えて病院受診しましょう。病院では数週間当て板を当てたりテーピングをして治します。炎症止めの湿布をするとより効果的です。固定により靭帯はわずかに縮んで治るため関節は固くなりますが、固定をはずしてから根気よくリハビリ訓練することで、ちょうどよい状態に戻ります。

(「ランニング障害解決事典」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7