足趾(足の指)

膝関節と足趾(そくし)の動きには密接な関係がある。


●重要なはたらきをする足趾


意外に思われるかもしれませんが、足趾(足の指)と膝関節には密接な関係があります。


歩行時、靴や靴下の中で、足趾はどのように動いているのでしょうか?通常は、足趾で地面をつかみ、地面を蹴り出しています。こうした足趾の運動は、前方への推進力として、歩行の際に重要な役割を担っています。


試しに、足趾を反った状態で歩いてみてください。蹴り出しの時に、足趾で地面を捉えることができず、前方への推進力を得ることができません。図は歩行時における足底(そくてい)の重心の軌跡を表したものですが、これを見ると、歩行の立脚期は踵から地面に着き、最後は親指で地面を蹴り出していることがわかります。


このように、足趾が機能しない状態では、前方への推進力を得ることができないため、前に進むことに努力を要します。


変形性膝関節症の方の中には、脚がO脚となり、足部(そくぶ)のアライメントが崩れ、足趾の機能がうまく使えない方も少なくありません。


足趾の機能が低下していくことでさらに歩きにくくなり、歩かないことで廃用性筋萎縮が生じ、さらに歩行が困難となる悪循環に陥ってしまいます。


普段あまり意識しない足趾の動きですが、裸足になった際に足趾を動かしてみたり、歩行時に足趾の動きを意識してみましょう。

(「よくわかる膝関節の動きとしくみ」)


      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7