月経

男性だからこそ知っておくべき女性の月経。


「正しい月経」を知っていますか?


●子宮内膜がはがれると出血がスタート


女性同士でも月経(生理)の話はしにくいもの。どんな月経が「正しい月経」なのでしょうか?


月経周期は25~38日が正常。90日以上こないと無月経で治療の対象になります。月経周期は3~8日。この間20~150gの経血量が正常です。


月経は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)によって起こります。排卵がおわると、妊娠準備のためにプロゲステロンが優位になり、子宮内膜をふかふかにします。妊娠が成立しないと、プロゲステロンが下がり、内膜がはがれ始めます。ここからが月経です。


●ホルモンの下がり具合で、「多い日」は違う


プロゲステロンが下降すると、内膜ははがれやすくなります。下降しきる月経2~3日目が「経血量が多い日」に。プロゲステロンがなかなか下がらなければ「多い日」は遅くなることも。


●月経以外でも女性ホルモンで体調変化


女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、月経以外にも私たちのからだのあちこちをコントロールしています。


排卵前はエストロゲンが優位になっているため、肌はプルプルで、心も明るい”キラキラ期”にあたります。


ところが、排卵がおわるとプロゲステロンのパワーが高まり、妊娠の準備にかかります。


●正常なら好・不調の波がある


排卵から次の月経が始まるまでの黄体期のあいだは、体温が高くなり、イライラやむくみ、胸の張りなどあちこちに不調が起こる。”アンバランス期”です。


黄体期は誰もが少々の不調を感じるものですが、このアンバランスがひどくなって日常生活に支障が出てくると、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。


ただし、1ヶ月のうちに好・不調の波があるのは、正常なこと。波をまったく感じられない場合は、無排卵かもしれません。

(「生理(月経)のトラブルがつらいときの本」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)