月経

男性だからこそ知っておくべき女性の月経。


「正しい月経」を知っていますか?


●子宮内膜がはがれると出血がスタート


女性同士でも月経(生理)の話はしにくいもの。どんな月経が「正しい月経」なのでしょうか?


月経周期は25~38日が正常。90日以上こないと無月経で治療の対象になります。月経周期は3~8日。この間20~150gの経血量が正常です。


月経は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)によって起こります。排卵がおわると、妊娠準備のためにプロゲステロンが優位になり、子宮内膜をふかふかにします。妊娠が成立しないと、プロゲステロンが下がり、内膜がはがれ始めます。ここからが月経です。


●ホルモンの下がり具合で、「多い日」は違う


プロゲステロンが下降すると、内膜ははがれやすくなります。下降しきる月経2~3日目が「経血量が多い日」に。プロゲステロンがなかなか下がらなければ「多い日」は遅くなることも。


●月経以外でも女性ホルモンで体調変化


女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、月経以外にも私たちのからだのあちこちをコントロールしています。


排卵前はエストロゲンが優位になっているため、肌はプルプルで、心も明るい”キラキラ期”にあたります。


ところが、排卵がおわるとプロゲステロンのパワーが高まり、妊娠の準備にかかります。


●正常なら好・不調の波がある


排卵から次の月経が始まるまでの黄体期のあいだは、体温が高くなり、イライラやむくみ、胸の張りなどあちこちに不調が起こる。”アンバランス期”です。


黄体期は誰もが少々の不調を感じるものですが、このアンバランスがひどくなって日常生活に支障が出てくると、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。


ただし、1ヶ月のうちに好・不調の波があるのは、正常なこと。波をまったく感じられない場合は、無排卵かもしれません。

(「生理(月経)のトラブルがつらいときの本」)




      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7