バリスティックストレッチ

動きのあるストレッチ


●バリスティックストレッチ


反動を使うバリスティックストレッチは、スポーツ現場などのコンディショニングとして使われることが多いストレッチです。スポーツでは爆発的な力を出すために、筋肉をバネのように伸ばしてから力強く収縮させる必要があります。そのために反動を使ったバリスティックストレッチが、実際の動きに即しているのです。


ストレッチというトレーニングの段階で、実際の動きに近い動きを学習しておくと、いざそのような場面になったときにも、筋肉が適切に反応し、不意の怪我などを予防することができるのです。ただし、スポーツ現場でバリスティックストレッチを行うときにも、人に押してもらうのではなく、動きを自分でコントロールしストレッチを行います。そうすることで適切な伸張反射が生まれ、自然な動きを作り出せます。ラジオ体操も反動を使っていますので、バリスティックストレッチの一種といえます。


バリスティックストレッチは、ADL(日常生活動作)が確保された後に障害予防やパフォーマンスアップとして用いるのに適しているストレッチです。治療院で患者さんに対して用いるというより、健康増進やスポーツの現場でトレーニングの一部として用いるとよいでしょう。

(「クリニカルストレッチ」)



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7