バリスティックストレッチ

動きのあるストレッチ


●バリスティックストレッチ


反動を使うバリスティックストレッチは、スポーツ現場などのコンディショニングとして使われることが多いストレッチです。スポーツでは爆発的な力を出すために、筋肉をバネのように伸ばしてから力強く収縮させる必要があります。そのために反動を使ったバリスティックストレッチが、実際の動きに即しているのです。


ストレッチというトレーニングの段階で、実際の動きに近い動きを学習しておくと、いざそのような場面になったときにも、筋肉が適切に反応し、不意の怪我などを予防することができるのです。ただし、スポーツ現場でバリスティックストレッチを行うときにも、人に押してもらうのではなく、動きを自分でコントロールしストレッチを行います。そうすることで適切な伸張反射が生まれ、自然な動きを作り出せます。ラジオ体操も反動を使っていますので、バリスティックストレッチの一種といえます。


バリスティックストレッチは、ADL(日常生活動作)が確保された後に障害予防やパフォーマンスアップとして用いるのに適しているストレッチです。治療院で患者さんに対して用いるというより、健康増進やスポーツの現場でトレーニングの一部として用いるとよいでしょう。

(「クリニカルストレッチ」)



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)