薬害

向精神薬・睡眠導入剤の害。


●薬害にあったら……100%回復しない理由


禁断症状や後遺症について話すとき、残念ながらいつも最後はこの話になりますが、向精神薬で何らかの害をこうむったとき、その機能が100%元に戻ることはありえません。どんなに戻っても80%や90%であり、以前を望んでも満たされることはありません。


これは覚醒剤や麻薬をやってしまったら、失われた機能が全部回復しないのと同じことです。だからこそ向精神薬は罪深いのだということをまず理解してください。これを指摘するとみな非常にショックを受けられます。そんなことはないと認めない人、安易な「元に戻る」という意見を信じてしまう人もいます。しかし私が伝えないと伝える人がいません。


もし100%回復という奇跡を起こしたいのなら、私よりさらに詳しく勉強し、奇跡を起こしてくれることを期待します。それはありえない話ではないでしょうが、医学ではありえないという話なのです。よくテレビなどで見られる奇跡にも医学が貢献することなどまずありえません。


そしてもう一つ、最後は意志や根性も大事です。どれほどに勉強しうまく禁断症状を消そうと試みても、必ず出てきますし後遺症は残ります。繰り返し述べますが、禁断症状で体がつらい状況でも、さらに先に進むしか向精神薬地獄を越えるすべはないのです。


●デパス(睡眠薬・抗不安薬)


デパスは私が感じているかぎり、最も依存しやすく、麻薬に近い※ベンゾ系というイメージです。


知識もなく依存しやすい性格の人がこれを使いだすと、まずやめることができません。あっという間に1日量5mgや6mgに達する人も少なくありません。短時間作用型なので、薬が切れてくる感覚がとてもわかりやすいベンゾ系でもあります。


デパスを睡眠薬に使うことが精神医学を中心にあるようですが、愚か極まりない話でしかありません。飲むことで途中覚醒が増したりもしますし、酒を大量に飲んで寝るのとレベルは変わらないのです。ヤク中になりたいのが日本人のサガ、その「ヤク」の代名詞がデパスと言えるかもしれません。

(「心の病に薬はいらない!」)


※ベンゾジアゼピン(薬の種類)

ベンゾ系は正気を保たせたまま、人を極限まで不安にさせ、筋肉や体に作用するという印象があります。禁断症状として多いのが不安の増強、不眠、筋肉痛、頭痛、目の痛みなどで、その他にも多くの症状を呈します。



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7