股関節の外側が痛い

●ランニングしていると股関節の外側の出っ張りが痛い


股関節部分の出っ張りが痛むのは大転子滑液包炎(だいてんしかつえきほうえん)と思われます。


下肢の外側にある強靭な靭帯、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が、骨の突き出た部分で摩擦が起こり痛くなることがあります。腸脛靭帯が動く範囲で骨の突き出た部分は、股関節と膝関節部の2箇所です。股関節部の出っ張りを大転子といい、ここで起こる障害が大転子滑液包炎です。膝の出っ張った部分で起こる障害は、長脛靭帯炎といいます。


大転子と外側の筋肉の間には、つるつるした液を包み込んだ袋があり、滑りをよくする働きをしています。この袋が大転子滑液包、外側で動く筋肉が大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)で、この筋肉には長脛靭帯が膝の下まで伸びています。走り過ぎが原因でこの滑液包に炎症が起こると、大腿から股関節の外側にかけて痛みが出ます。これが大転子滑液包炎です。


股関節に限らず、体内で頻回に摩擦の起こる部分には、「滑液包」というつるつる滑る袋が介在していて、関節周囲の摩擦運動を円滑に行うようになっています。この袋の内側には滑りやすい粘液がいつも分泌されていて、摩擦係数は非常に小さく、かなりの圧力や回数に対しても耐久性があります。しかし限度を越えると袋の内面に小さな亀裂ができて、それが原因で袋全体の炎症反応が起こり中の粘液が増えて、腫れて痛むのです。


また似たような障害に、この大転子部分でポキポキ音がして引っかかる感じがすることがあります。これを弾発股(だんぱつこ)といいます。痛みがなければ放っておいてかまいませんが、痛みがあるようなら大転子滑液包炎と同様の治療方法で軽快します。

(「ランニング障害解決事典」)



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7