イライラの原因

●そのイライラ、原因は腸内細菌不足かも!?

 

1497年ポルトガルのパスコ・ダ・ガマが喜望峰を回りインド洋への航海路を見つけました。その間多くの船員が歯茎から出血したり膝から上に広がる黒アザができるなど、原因不明の病気で160名中100名ほど死んでしまいました。その後、その病気の原因を調べた結果、ビタミンCの欠乏で壊血病という病気になっていることがわかりました。

 

この事件がビタミンBとCの発見のきっかけとなったのです。動物はもともとビタミンBとCを食物から摂らなくても自分の体内で作り出すことができたのです。しかしヒトは進化の過程の中で果物や野菜などを豊富に食べられる環境にあったため、ビタミンBやCを体内で合成する必要がなくなったのでしょう。体内でビタミンCを合成できないのはヒトとサルとモルモットだけなのです。

 

船乗りたちがビタミンBやCの不足に陥ったのは、それらを含んだ食品を摂らなかったということ以外に、腸内細菌の不足があったからだと私は考えています。船乗りたちは保存食や缶詰ばかり食べているので、腸内細菌が十分に育たなかったことが原因だと思います。

 

東北大学の木村修一教授の研究によると、腸内細菌によるビタミンB群の合成は、腸内細菌の餌であるセルロースの添加によって大幅に増強されるとあります。ビタミンは食べ物から吸収するよりも、腸内細菌によるビタミン合成のほうがずっと重要なのです。

 

外国などに旅行してしばらくすると、普段食べていたものが食べられないことにイライラしてくることを多く経験します。それは食べ物や環境の変化で腸内細菌が数を減らしてバランスを崩した結果、ビタミン類の不足が起きたことが根底にあると思われます。

 

ビタミンBの不足で脚気が、ビタミンCの不足で壊血病が確かに起こりますが、多くのビタミンが脳内伝達物質の合成に関わっています。それらのビタミンを腸内細菌が合成しているのです。腸内細菌が不足すると脳内伝達物質が欠乏し、イライラしてくるというわけです。腸内細菌がビタミンを合成し、そのビタミンが脳内伝達物質を合成します。

 

脳内の幸せ物質と呼ばれるセロトニンや、やる気を起こすドーパミンは、たんぱく質の分解産物であるトリプトファンとフェニルアラニンによって腸内で合成されます。たんぱく質の分解にはビタミンCが必要です。トリプトファンやフェニルアラニンなどのアミノ酸からセロトニンやドーパミンを合成するためには、葉酸やナイアシン、ビタミンB₆といったビタミン類が必要です。これらのビタミン類は私たちの体内では合成できません。腸内細菌が作っているのです。腸内細菌がバランスよく、数多く存在しないと、幸せ物質であるセロトニンとやる気物質であるドーパミンが不足し、うつ状態になったりイライラしたりするのです。
(「脳はバカ、腸はかしこい」)

アロエベラジュースはビタミン、ミネラル、微量栄養素が豊富で腸内環境を整えます。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7