眠気とイライラ

●イライラも食後の眠気も「血糖値」が原因


血糖値の上昇は、食後の眠気を引き起こします。


マンチェスター大学の研究によると、食後に血糖値が上昇すると、インスリンが分泌されます。インスリンは筋肉でのたんぱく質の合成を促すので、眠気をもたらすセロトニンの原料となるトリプトファンの濃度が上がり、その結果、セロトニンが増加して眠気を誘うのです。


眠気を誘うもうひとつのホルモンがオレキシンです。オレキシンは食欲や睡眠を制御しているホルモンで、オレキシンの濃度が増すと食欲が高まり、睡眠欲が低下します。逆に、食事をして血糖値が上昇すると、オレキシンの分泌が減少して食欲が低下し、眠気を誘います。これは、体内にプログラムされた、活動期における摂食リズムが影響しているので、おそらく、眠気を感じるのは昼食後ではないでしょうか。


つまり、血糖値を上げなければ眠気はこないといえます。


炭水化物を多く含むもの、例えば白いごはんをたくさん食べてしまうと、眠気が強くなります。


逆に、血糖値が下がってきたときにイライラするのは、砂糖中毒による禁断症状です。中毒に陥っている人は、血糖値が下がってきたときに、甘いものが無性に欲しくなり、甘いものを食べて解決しがちです。


一番の問題はそこで、イライライしたときにすぐ甘いものを食べてしまうため、甘いものが足りないからイライライしたと間違った認識をすることです。実際には逆で、甘いものを食べていて中毒に陥っているから、不足したときにイライライする。そのイライラをもたらした原因は甘いものだということに気がついていない人がほとんどです。


そのイライラは、中毒症状を克服することができれば、自然となくなります。


●インスリンは、脳の神経細胞までダメにする!?


これは私の意見なのですが、血糖値が下がったときに、禁断症状のようなイライラが表れるのではないかと考えています。


でも、よくよくみていくと、それだけでは説明できないものもあります。


例えば、激しく”キレ”てしまった人物による殺人事件などの傷害事件が起きたとき、その加害者の脳では、禁断症状以上の脳ドライブを起こしていると思われます。


血糖が下がったときにこのような状態が起こるかというとそうではありません。血糖値がもっと高いときに起きています。そういう症状というのは、血糖値が低くなったために起きたのではなくて、インスリンがオーバードライブしたときに脳に影響している疑いを否定できません。


多くの場合、血糖値が下がっているときではなく、インスリンの濃度が、ドライブがかかったように高くなったときに起きています。


インスリンが脳の神経細胞に作用していることを考えると、インスリンによるなんらかの行動異常が出ているのではないかという疑いが否定できません。


もしかしたら、異常行動を引き起こしているのはインスリンかもしれません。神経の興奮状態が起こりやすいということも考えられます。

(「砂糖」をやめれば10歳若返る!)


      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7