水を多く飲む

●美容のため、いつでも水をたっぷり飲むようにしています


ダイエットのため、肌のうるおいをキープするためなど、美容にいいと思って水を頻繁にたくさん飲んでいる女性は多いでしょう。もちろん、体に必要な水分を補給することは大切ですし、運動中にこまめに水分を摂るのも正しいことです。


ただし、食前や食事中、食後に水分をたくさん飲むのはNG。なぜなら大量の水によって胃酸が薄まり、食べ物を分解・消化する働きが弱まってしまうからです。胃酸の働きが弱まり、きちんと消化できないことで一番影響するのは、たんぱく質の吸収が悪くなること。たんぱく質が不足すると、まず爪がボロボロになって髪にもツヤがなくなり、口臭が強くなったりして女性らしさや美しさが損なわれることに……。


食前、食事中、食後の過剰な水分の摂取はせっかくの胃酸の働きを邪魔してしまうので、水分を摂る場合は100mℓ程度に抑えるように注意して。食べ物の栄養素をしっかり体に巡らせるためには、胃酸の働きをよくすることが不可欠、ということをこの機会にぜひ覚えておきましょう。もともと日本人には、食事のときに水をたくさん飲む習慣はなかったはずです。これはきっとファストフード店などで飲料をガブ飲みするアメリカ人の悪い影響を受けてしまったのでしょうね。


また、よく耳にする「一日2ℓの水を飲むのが美容にいい」という話も実は医学的な根拠はゼロ!水が血液をサラサラにして血流をよくするといってもその効果はほんの一瞬のことですし、水には汚れた血液を浄化する作用はありません。美容のためだからと、のどが渇いていないのに無理に水をガブガブ飲む必要はないのです。

(「老けない人はやめている」)

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7