レース前は現地に前泊

社会人の方は、マラソン大会の前日に現地で宿泊するのは難しいかもしれません。
前日に宿泊すると何故有利なのか知っておくのも良いですね。

●レース前は現地に前泊する


早朝に出発すれば自宅から到着できる場所でも、スタート地点にできるだけ近いホテルなどに前泊することをぼくは勧めています。


前泊すると当日、時間的に余裕を持って行動できますし、ゆっくり眠って疲労回復が促せるからです。


前日のメリットはそれだけではありません。レース前に脚に疲労をためないという見逃せない利点があるのです。


脚部の疲労度合いは、移動距離だけでなく、時間に大きく左右されます。レース当日に自宅から出かけると、電車に乗ったり、受付やトイレで並んだりして、1時間も2時間も立ちっぱなしになることがあります。


「走るわけじゃないし、立っているだけなら脚は疲れないのでは?」と思いがちですが、長時間立っていると走るよりも疲れるケースがあります。


走ったり歩いたりしていれば、脚の筋肉の伸縮で血液を循環させる筋肉ポンプが働くので、下半身に疲労物質がたまらずに済みます。しかし立っているだけだと、この筋肉ポンプが働かないので下半身に疲労物質がたまって疲れます。前泊すれば受付も前日に、トイレも当日の出発前に済ませることもできます。また、前泊の隠れたメリットは、効率的なウォームアップができること。トップランナーはレース前に90分程度の入念なウォームアップを行います。全身の毛細血管を開いて血液循環を促し、スタートした瞬間からカラダの隅々まで酸素と栄養素が行き渡る状態をつくっているのです。


でも市民ランナーがレース前にそれほど長時間のウォームアップを行うと、エネルギーや脚の筋力を奪われる心配もあります。そこで利用したい裏技がシャワーです。


レース前に我慢できるギリギリの熱いシャワーを浴びると、熱の刺激で毛細血管が開いて血液循環がよくなります。自宅からだと移動している間にカラダが冷えて毛細血管も閉じてしまいがちですから、現地近くに前泊するからこそ使える裏技です。スタート直後から酸素を運ぶ血液が、ある程度開いた毛細血管を効率よく流れるだけで、相当なアドバンテージです。

(「非常識マラソンメソッド」)



      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7