痙攣したらどうするか

ランニングしていて脚が痙攣する人は、ビタミン、ミネラル、微量栄養素などがしっかり摂れているか思い出してみましょう。

「マラソンは「ネガティブスプリット」で30分速くなる!」から引用。

 

●痙攣したらどうするか

 

レースの後半に差しかかり、ペースを上げる局面では、脚の痙攣に見舞われることがあります。

 

レース中の痙攣には、対処できる部位と対処できない部位があります。

 

対処可能なのはふくらはぎ。地面を蹴っていると、ふくらはぎの負担が増えて痙攣につながる場合があります。

 

そのときは緊急避難的に、中足部着地からかかと着地にスイッチします。

(中略)

対処が難しいのは、大腿四頭筋、ハムストリング、大殿筋といった大きな筋肉の痙攣です。いずれもフォームの修正で対応することが難しく、足を止めると一瞬収まりますが、また走りだすと別の場所が痙攣することが多いようです。

(中略)

筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返して活動していますが、筋肉が縮んだまま伸びなくなるのが痙攣です。原因はまだはっきりとわかっていません。

 

筋肉の伸縮には電解質(体液に溶けて電気を帯びたミネラルや微量元素)が関わっています。その点から大量の発汗で電解質が失われると痙攣が起きやすくなると考えられています。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7