炎症が起きている場合の整体

私の整体では炎症が起きているとき(急性期)は、PRICE処置などをおすすめしています。


最初は冷やしますが、いつまでも冷やしていると回復しないので、炎症が治まったら温めながらなるべく動かすように指導します。


急性期の整体は、患部の周りをほぐしていくことになります。

ケガをするのは患部だけの問題ではなく、体全体のバランスが崩れている場合が多いからです。


患部の炎症が治まってきたら、温めていただくのと同時にマッサージなどで血流を良くして、患部に滞っていた老廃物を流していきます(食事などで、ビタミン・ミネラルを補給するのも効果があります)


患部を固定していたり悪い姿勢が続くと、新陳代謝を妨げ、筋肉が戻りにくく硬くなる場合があります。

筋肉は急激な力でもむ、押すなどを繰り返すとむしろ硬くなってしまう場合があります。


筋肉を緩めるには、筋膜から徐々に緩めていきます。なので急性期からだと、週に2~3回来院して頂き、体が緩んできたらメンテナンスとして1~2ヶ月ごとに来院して頂くと、以前より調子の良い体になります。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7