炎症が起きている場合の整体

私の整体では炎症が起きているとき(急性期)は、PRICE処置などをおすすめしています。


最初は冷やしますが、いつまでも冷やしていると回復しないので、炎症が治まったら温めながらなるべく動かすように指導します。


急性期の整体は、患部の周りをほぐしていくことになります。

ケガをするのは患部だけの問題ではなく、体全体のバランスが崩れている場合が多いからです。


患部の炎症が治まってきたら、温めていただくのと同時にマッサージなどで血流を良くして、患部に滞っていた老廃物を流していきます(食事などで、ビタミン・ミネラルを補給するのも効果があります)


患部を固定していたり悪い姿勢が続くと、新陳代謝を妨げ、筋肉が戻りにくく硬くなる場合があります。

筋肉は急激な力でもむ、押すなどを繰り返すとむしろ硬くなってしまう場合があります。


筋肉を緩めるには、筋膜から徐々に緩めていきます。なので急性期からだと、週に2~3回来院して頂き、体が緩んできたらメンテナンスとして1~2ヶ月ごとに来院して頂くと、以前より調子の良い体になります。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)