マラソン(着地)

マラソンなどをテレビで見ていると、楽そうに走っていると思いませんか?
ペースで言えば1キロ3分は切っていると思いますが、私は1キロ1本でも3分10秒を切るのがやっとです(笑)


速い選手はそんなに一生懸命腕を振っているわけでもないし、股を開いているわけでもない。ということは、見えていない(もしくわ見えづらい)部分で力の差が出ているんでしょうか。


私はいわゆるキックの違いではないかと思います。よくある足首がひっくり返るキックではないです。


この最終的に力が伝わる所に欲しい力が伝わっていないと、どんなに脚を速く動かそうが、股を開こうが思ったスピードは上げられない。


車(レースカー)の話でなんですが、車はタイヤを変えたら、その都度サスペンション(脚)やエンジンなどのセッティング(設定)を変えたりします。それぐらい最終的に力が伝わる所は重要なのです。


マラソンに話を戻します。足首固定で走った方が良いと言われますが、足首より先が何もしないわけではありません。


自分が欲しいスピードに対して、どれくらいの足の着地の力が欲しいか。それに対して膝や股関節、インナーマッスルなどの力加減を調整した方が良いのではと。


欲しい着地の力以上の無駄な動きは必要ないと考えています。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2022年)

9/6

初動負荷トレーニングを取り入れるようになりました。

 

(2021年)

5/15

民間救急とうねりケアサービスのホームページが新しくなりました

 

3/12

自律神経を整えるには、呼吸法が大事になります。

 

(2019年)

9/21

呼吸と体の動きが連動しますと、有酸素運動がしやすくなります。

 

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)