関節

関節は、柔らかすぎても硬すぎても問題が起きやすいですね。


柔らかくあるべき関節としては、腰痛の原因のひとつにある股関節周囲の筋が硬いことがあげられます。


股関節が硬すぎると、着地のときに、股関節で十分なショックを吸収できず、腰に大きな衝撃がくわわります。また、股関節が十分に動くことができなければ、すぐ上にある腰椎が作業をしなくてはならず、それだけ負担がかかってしまいます。


硬くあるべき関節というのがありますが、体を硬くするというと、マイナスのイメージを抱く人も多いですね。ですが、足を構成する関節、膝関節、腰椎などが柔らかすぎると、体にとって大きなマイナスになります。


硬さが必要とされる関節に、足の足根骨(そっこんこつ)をつなぐ足根間関節が代表的です。

この部位には足底の3つのアーチがあり、このアーチは足根間関節が硬いことによって保たれています。

これらのアーチの役割は、足が地面に接地するときのショックの吸収と、蹴り出しのときのバネの作用です。

もし、足根間関節が柔らかく、関節の結合が緩ければ、アーチの構造が崩れ、偏平足のようになってしまいます。このような状態を回内足といいます。

回内足になると、足のショック吸収という役割を十分果たせなくなり、地面からの衝撃が膝や腰に大きく影響を与えます。

場合によっては、全身のアライメント異常をきたし、頭痛の原因にまでなってしまいます。また、アーチによるバネの作用も低下してしまい、足関節付近に過剰な負担をかけてしまいます。

このことは、足が疲れやすくなるだけでなく、アキレス腱炎、足底筋膜炎、シンスプリント、外反母趾をはじめ、さまざまな足の障害の原因にもなってしまいます。

      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:090-3801-3125

★こんちゃんのつぶやき

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7