バネを使った走り

●バネを使った走りとは?

 

ランニングの理想のフォームをいうときに、「バネを使って走る」ということがあります。

(中略)

ランニングでいうバネとは、筋肉と腱が一体になったもの。これを「筋腱複合体(マッスル・テンドン・コンプレックス)」といいます。腱とは、筋肉の末端の硬くなった組織で、骨との付着部に相当します。ランニングで何よりも大切な筋腱複合体は、ふくらはぎの下腿三頭筋とアキレス腱がつくる筋腱複合体。アキレス腱は人体で最も長い腱で、そのおおよその長さは15cmほどにもなります。

 

筋腱複合体のバネは、着地の瞬間にその力を発揮します。

 

筋肉は急に引き伸ばされると、切れないように収縮する性質があります。これを「伸張反射」といいます。

 

あらゆる動作は伸張反射をうまく利用しています。たとえば、その場ジャンプをする前にしゃがむのは、大腿前側の大腿四頭筋を引き伸ばして伸張反射を起こし、大腿四頭筋が縮むタイミングに合わせてヒザを伸ばすことで大きな力を発揮するためです。このような筋肉を意図的に伸ばして(ストレッチ)から縮める(ショートニング)運動のパターンを「ストレッチ・ショートニング・サイクル(SSC)」と呼びます。

 

ランニングでは着地の瞬間、ふくはぎの下腿三頭筋は伸ばされます。このとき下腿三頭筋につらなるアキレス腱も一緒に引っ張られます。

 

すると下腿三頭筋が伸張反射で縮むと同時に、輪ゴムやスプリングを伸ばした後に手を離すように、引っ張られたアキレス腱にたまった弾性エネルギーが一気に解放されます。この仕組みを上手に使うのが、バネを使った走りです。

 

バネを使うためのポイントには次の3つがあります。

 

①接地時間を短くする

②中足部から着地

③足首を固定する

(「マラソンは「ネガティブスピリット」で30分速くなる」)

 


      健友館整体術

健友館こん整体
院長:  今  晋

   (こん すすむ)

いいね!お願いします。

★営業時間

   9:00~20:00

  (時間応相談)
★定休日

   不定休(完全予約制)

★ご予約

    Tel:080-2394-0119

★こんちゃんのつぶやき

(2018年)

9/12

健康増進法の第一条

 

9/12

過呼吸は体に酸素を送らなくなりますから、気を付けましょう。

 

8.21

そろそろ涼しくなってきたので風呂の中につかり、冷え過ぎている体を温めましょう。

 

(2017年)

6.21

保険を使ってマッサージなど受けると、結局、皆様の払っている保険料が上がることになります。なるべく自費で受ける施術をおすすめします。

 

4.23

運動はしなくても、体の使い方には気を付けましょう。

 

(2016年)

1.23

完全予約制ですので、事前に御予約をお願い致します。

 

(2015年) 

12.6

ストレッチなどして関節可動域を広げましょう。

 

12.5

薬の作用は人それぞれです。飲まないで済むように、生活習慣を改善していきましょう!

 

12.4

腸内細菌は健康に重要です。腸内細菌の「エサ」になるアロエベラジュースなどを積極的に摂るようにしましょう。

(こん整体で注文できます)

 

12.2

胃の状態を理解して、適切な市販薬を飲むようにしましょう。

★更新情報 

2014.12.9

患者さんの声を更新しました(元五輪選手がご来院♪)

 

2014.11.17

コース料金に「整体施術具の貸出、使い方の指導」を追加しました。

 

おすすめ本を追加しました

2014.11.1

 

コース料金を変更しました(特典があります)

2014.4.6

 

健康食品を追加しました。

2014.1.7